ふくらはぎを、考える。

この記事は1分で読めます

ふくらはぎって、第2の心臓っていわれたりします。(第2の心臓っていわれる部位は他にもありますね、足裏とか)

重力があるので、どうしても、浮腫んだり、脚が冷えたりなど、下半身に溜まりやすい。。。

そして、それを上半身に戻すのは、筋肉の収縮。

つまり歩くことや、運動などですね。

その他だと、手でさすり上げるとか、ふくらはぎを揉むとか。

自分の手で上に戻す方法です。

一つ簡単な方法は、座ったり寝転んだりした時に、片方のひざの上に、もう一方のふくらはぎを当てて、ふくらはぎを前後に動かす方法。

手が疲れません。笑

私は夜子供に絵本を読む時に、寝ながら片方の足のひざを立てて、もう一方のふくらはぎを上に乗せて前後に動かしてます。

結構ポカポカしますよ✨✨

生活の知恵みたいな感じになったので、次の記事は足のセルフアロマトリートメントについてお伝えします♪

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. 2018 05.09

    正しい姿勢

  2. 2018 12.05

    足首を動かす

  3. 2018 07.25

    鎖骨のリンパ

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。