アロマ、今日の一本。バジル

この記事は1分で読めます

精油のおまとめをやろう思います。
自分のペースでがんばります。

あくまで知識の整理がベースですので、ご利用の際は自己責任でお願いいたします〜‍♂️

アロマ、今日の一本。バジル

フェノールメチルエーテル類のチャビコールメチルエーテル、モノテルペンアルコール類のリナロールを主要成分として含む。その他、酸化物類の1.8-シネオールなど。

含有成分による効能推定

1.チャビコールメチルエーテルは、特定の菌やウイルスに対して、非常に効果がある場合とない場合が極端に分かれる。

2.鎮痙攣作用あり(チャビコールメチルエーテル)→各種筋肉の痙攣を伴う疾患に効果が期待できる。

3.消化促進作用あり(チャビコールメチルエーテル)→下痢や便秘などの消化器系疾患を改善することが期待できる。

4.バジルは他に、オイゲノールタイプ、リナロールタイプなど3種類ある。

精油の特性として、鎮痙攣作用、抗ウイルス作用と、自律神経調整作用があるとされます。

使用例では、内分泌疾患系では、脳下垂体の不調や副腎皮質ホルモンの不調、精神・神経疾患系では、神経性痙攣、ストレス・不安症、無気力症などがあります。

禁忌事項としては、50%以下に希釈して使用する。(チャビコールメチルエーテルに肌を荒らす危険があるため)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. 2018 05.09

    正しい姿勢

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


%d人のブロガーが「いいね」をつけました。