芳香浴のコツ

この記事は1分で読めます

自分や家族の健康管理は、食事、睡眠、運動など、生活が整っていることが基本ですが、アロマでもなにかできんかなと考えた時、芳香浴が簡単で使いやすく、小さいお子さんにも安全で、家族を巻き込みやすいのではと思います。

※画像はお借りしました

今はキャンドルで温めるタイプよりも、電気を使うタイプが、主流で安全です。

もっと言うと、ディフューザーもありますが、今回は温めるタイプについて。

一部屋に、まあ、8畳くらいかな、1〜5滴くらいの精油を
水をはったお皿の上に落として、焚いてみてください。

精油はローズマリーや、レモン、ティートリーなどいいかと思います。
もちろん好きな香りをブレンドしてもらってもいいですが
合計5滴までにしてください。

そして香りは慣れます。
いつも同じ香りは使わない。
ブレンドするならせめて滴数のバランスを変える。
あとは必ず換気を。
理想は1時間に10分くらいですね。

ぜひやってみてくださいね。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. 2018 06.20

    化粧水と浸透

  2. 2018 07.25

    鎖骨のリンパ

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。