部分浴あれこれ①

この記事は1分で読めます

ハンドバスやフットバスなど、身体の一部分をお湯につけるのを部分浴といいます。

⇧これはフットバス(足浴)ですね。

ハンドバス、フットバスはメジャーですが、他にも座浴というのもあります。

座浴と聞くと、赤ちゃんのオムツかぶれなど連想されるかと思いますが、大人でも、便秘や痔など、デリケートな部分のケアにもいいかと思われます。

お尻って、意外と冷えてる部分ですから。

上半身は服を着たままでよく、床が濡れないようにビニールシートなどひけば、テレビ見ながらでもできます。

さすがに無料画像がなかったので、私の拙い絵で、イメージを掴んでくださいませ。笑

こんな感じです。笑

おしりがすっぽり入るタライや洗面器を用意して、38〜40度くらいのお湯を張って、お尻をつけてみて下さい。

上半身は服を着てOKですのでね!

精油を使う場合は1〜3滴、よくかき混ぜて、5分から10分浸かってくださいね。

もちろんバスソルト使ってもいいと思います♪

よかったら試してみてくださいね。

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. 2018 08.08

    ネイルオイル

  2. 2019 05.21

    首をまわす

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。