手を当てるということ。

この記事は1分で読めます

ひたいに手を当てる時は、失敗やらかした時とか笑、熱があるかどうか確かめる時とか。

(ひたいよりも背中を触った方が、私的には熱があるかどうかわかりやすい気がします。)

失敗した時に手が額にいってしまうのは、ひたいに知性を司る前頭部があるからで、そこに「失敗した」という、強い刺激がいくことによって、脳が考えはじめるので無意識に手で覆ってしまうんだそう。

ひたいに限らず、どこか痛いところがあると、手を当てる事があると思います。

ヒトの身体は、優先順位があって、触れるという触覚は、痛みよりも優先されるそうです。

なので、痛いところに手を当てると、痛みが和らいだ感じがするのだそうです。

それは他人にするのにも同様で、だいたい数値でいうと4分の1くらいになるのだそう。

家族が辛い時は、手を当ててあげると和らぐかもしれませんね。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. 2018 05.09

    正しい姿勢

  2. 2017 12.11

    温湿布

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。