アロマと睡眠とお風呂

この記事は1分で読めます

眠れないから、アロマテラピーを使ってみたい。

ということをいろんな方からお尋ねいただきます。

自律神経系を整える、ということはアロマテラピーでできることの1つです。

その際、バスタイムのアロマ、というのがとても有効です。

夜は副交感神経の時間なので、そちらを優位にして、よい睡眠に導入していきたい。

お風呂の温度をぬるめ(38〜40度くらいかな)にして、ゆっくりと浸かると副交感神経を刺激すると思います。

その際に精油を使ったバスオイルや、バスソルトなどを浴槽に入れて浸かってもらうと、その助けになります。

そして、精油は好きな香りでいいのですが、柑橘系は人によっては刺激があり、ピリっとすることがあるので、注意して下さい。

また、湯をはった浴槽に直接精油を垂らすのもお勧めしません。

精油は水には溶けないので、精油を何かに混ぜて浴槽に入れて下さい。

ちなみに精油の中でも、自律神経調整作用を持つものもあるので、香りが好きならそちらを使うのもありですね。

自律神経調整作用を持つものは

サイプレス

ジュニパー

バジル

プチグレン

ローレル

ロックローズです。

よかったらお試ししてみて下さい。

ちなみに精油の小分け販売も承りますので、お気軽にお声掛け下さいね。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。