自律神経調整作用のある精油

この記事は1分で読めます

自律神経調整作用をもつ精油があります。

自律神経調整作用は、交感神経と、副交感神経のバランスを調整する作用です。

活発であれば、鎮静させ、その逆もあります。

サイプレス、ジュニパー、バジル、プチグレン、ローレルなどです。

サイプレスは、むくみや、冷えに。

ジュニパーは、鎮痛作用があります。

バジルも痙攣や痛みを抑える作用があります。

プチグレンは、神経バランスを回復させ、気持ちを安定させてくれます。

ローレルは、感染症にもいいです。

ケモタイプ精油小辞典より、羅列してみました。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. 2019 03.06

    股関節の動き

  2. 2019 04.02

    足のスクラブ

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。