アロマ、今日の一本。イランイラン

この記事は1分で読めます

精油のおまとめをやろう思います。
自分のペースでがんばります。

あくまで知識の整理がベースですので、ご利用の際は自己責任でお願いいたします〜🙇‍♂️

アロマ、今日の一本。イランイラン

主要成分として、セスキテルペン炭化水素類 ゲルマクレンD、β-カリオフィレン、α-ファルネセン

エステル類 酢酸ゲラニル、安息香酸ベンジル

モノテルペンアルコール類 リナロール

フェノールメチルエーテル類 p-クレゾールメチルエーテル

他、エステル類の酢酸ベンジル(エクストラ)

を含みます。

含有成分による効能推定

1.エステル類の鎮静作用と、エステル類とフェノールメチルエーテル類の鎮痙攣作用で、スポーツ前のウォーミングアップによいとされる。

2.モノテルペンアルコール類の神経強壮作用とエステル類の鎮静作用が集中力をつけ精神を安定させる。

3.モノテルペンアルコール類とフェノールメチルエーテル類の抗菌作用とフェノールメチルエーテル類とエステル類の抗炎症作用が、肌に良い作用を及ぼすと思われる。

4.エステル類は心拍を調節して頻脈を安定化する。

5.安息香酸ベンジルに抗疼痛作用。

6.リナロールはモノテルペンアルコール類の中でゲラニオールに次いで抗菌力が強い。

7.酢酸ベンジルはエステル類でも特殊な作用があり、香気としては興奮活性させる作用が強い。(エクストラ)

イランイランの精油は、蒸留において時間ごとに区切り分別蒸留されることもあります。最初に得られたものをエクストラ、その後に蒸留したものから順に1st、2nd、3rdとして区別する場合があります。

使用方法・使用量の目安内であれば毒性はなく、幅広い疾患に安心して使用することができます。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


%d人のブロガーが「いいね」をつけました。