温湿布

この記事は1分で読めます

だんだん寒くなりますので、温かいアロマのご紹介。

温湿布です。

医療用や、市販の温湿布というと、トウガラシエキスいりのものが多いですが、アロマでもできます。

〜温湿布〜

1.洗面器にお湯をはり、精油を1、2滴おとす。
※この時精油は、お湯には混ぜませんので注意。

2.タオルを二つ折りにして、端を両手で持ち、お湯に浮いた精油をすくいとってくっつける。

3.すくいとった部分を内側に折って、水分を絞る。

直接、精油がついた部分を肌につけないようにします。

4.タオルを折りたたみ、温めたい身体の部位に当てる。

5.冷めたら外す。5分持たないくらいで冷めてきます。

ちなみにお湯を水で行うと冷湿布になります。

一般的に温湿布は、肩こり、目の疲れなどの慢性の症状に。冷湿布は、急性の痛みや熱を持っているような症状などにいいとされています。

また、目に当てる場合は、まぶたを閉じておこなってください。

ぜひやってみてくださいね♪

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。