トリートメントオイルの作り方

この記事は1分で読めます

作り方はすごく簡単。

どちらかというと材料を揃えることの方が面倒かもですね。

ネットでも、アロマテラピーの道具や材料が手に入りますので、そういう専門店で購入するといいと思います。

そして、基本的には、精油は薄めて使ってください。

意見は色々あると思いますが、個人的には、一般的な精油は、農薬などの関係もあり、1パーセント濃度で薄めて使用するのが、もっとも無難で安全な使用法だと考えます。

(精油も品質のグレードが色々あるので、濃度については話すと長くなりますが、興味のある方はぜひサードメディスン入門講座へ!

もちろん、年齢など個人差があるので、それ以下の濃度でもOKです。

それと、精油を薄めるためのオイルも必要です。

精油は水には溶けないので、油で希釈(うすめる)します。

薄めるためのオイルのことをキャリアオイルとか、ベースオイルという言い方をします。

種類としては、グレープシードオイル、スイートアーモンドオイル、ホホバオイル、ファーナスオイルなどです。

安価で使いやすいのは、スイートアーモンドオイルです。

ホホバオイルもおすすめ。

では、作り方に入っていきますよ♪

〜トリートメントオイルの作り方〜

材料は

・お好みの精油 6滴

・キャリアオイル 30ml

以上を混ぜ合わせるだけです。

30mlあれば首から下の身体の部分に塗る量がカバーできます。

〜応用編〜オイルパックとして

精油の量を3滴以下にして、キャリアオイル30mlに混ぜる。

※顔は体より精油の濃度を半分以下に減らして下さいませ。

適量をお顔にのせて、しばらく放置してから拭き取って下さい。

洗顔後、入浴中にするのがおすすめ♪

刺激が強いようであれば早めに外したり、精油の量を減らして下さい。

よかったらお試し下さいね✨✨✨

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. 2018 05.09

    正しい姿勢

  2. 2017 12.11

    温湿布

  3. 2018 06.27

    背中ほぐし

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。