部分浴あれこれ②

この記事は1分で読めます

部分浴マニアックなところを行きます。。。

今回はひじ浴です。

最近知ったのですが、良い入浴の仕方というのは、下半身と肘を温めることだそうです。

「頭寒足熱」ということばがあり、文字通り頭は冷やし、足は温める、ということなのですが、下半身を温めることで、下から頭に向かって温かい熱が上昇し、頭から下に向かってクールなエネルギーを下ろすので、エネルギーの循環がおこり、気が巡っていきます。

エネルギーの循環を身体の中で起こすのが大切なんです。

なぜ、そこに肘を足すかというと、肘には頭を回すスイッチがあるからで、より循環がまわりとても大事なんだそう。

で、「肘のスイッチ」って何だ。

と考えた時、思い当たるのが、経絡の話で。

経絡とは東洋医学でいう、気血の流れる道のことで、そこが滞ると身体のバランスが悪くなり、不調が出でくるのです。

経絡は手と足それぞれ6本づつの計12本あるので、肘から先

と足を温めておくと循環が良くなっていいんですね。

というわけで、ひじ浴の

〜やり方〜

洗面器に、お湯をはり、肘から先を付ける。

お好みで精油を使ってもいいと思います。

お風呂で、半身浴中に、肘から手先を入れて入浴すればバッチリですね✨✨✨

ぜひ気楽にやってみて下さいね♪

 

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。