この記事は1分で読めます

手の手入れで思いつくのは、ハンドクリームを塗るとか、あと、ハンドトリートメントかリフレクソロジーとかのマッサージをするとかがあると思いますが、手軽にできるケアを。

手の甲は小さな骨が集まっているところ。

画像はこちらからお借りしました。

この6〜13番を合わせて手根骨と言います。

骨がいくつか集まってできているので、骨と骨の間には老廃物が溜まりやすいので、そこを。

やり方は、片方の手の甲を、もう片方の手をこぶしにした関節の部分で、手根骨あたりを擦ります。

こするとゴリゴリするのですが、そのゴリゴリが老廃物なのです。

これは先日、骨ストレッチの松村先生の話を聞きに行った時に、出てきた話題でして、やると、手が軽くなりますので、老廃物出すぞ!という気持ちでやってみて下さいね。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. 2019 04.02

    足のスクラブ

  2. 2018 12.05

    足首を動かす

  3. 2017 12.11

    温湿布

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。