呼吸とアロマ

この記事は1分で読めます

疲れている時や、元気がない時などは呼吸が浅いことか多いです。

そういう時は、深呼吸がいいのですが、たくさん吸うことを意識するよりも、むしろ先に深く吐くことをした方がいいです。

吐くのもなかなか難しいですね。

ヨガのレッスンでも、吸う時間よりも吐く時間を長く、というように言われます。

深い呼吸は気持ちを落ち着かせ、副交感神経優位にしてくれます。

自律神経系は自分の意思でコントロールすることは難しいので、深呼吸は意識的に副交感神経優位にするために、貴重な方法といえます。

また、精油も、自律神経系を整える作用のあるものがあります。

それを焚きながら、深呼吸をする事で相乗効果が期待できると思います。

ちなみに自律神経調整作用は

サイプレス、ジュニパー、バジル、プチグレン、ローレルなど

神経バランス回復作用は

サイプレス、プチグレン、マジョラム

交感神経安定作用はゼラニウム・エジプト

また、ゼラニウム・エジプトには副交感神経安定作用もあります。

この辺りの精油の香りを使いながら、ゆったりした呼吸を楽しんでみてくださいね♪

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. 2019 05.29

    意識を向ける

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。