口臭対策として。

この記事は1分で読めます

口臭は、気にする方が多いと思います。

起床後や空腹時、緊張時、ホルモンバランスの変化などでも、生理的に口臭が出やすい状態になりやすいです。

唾液が減少している状態であることがポイントです。

 

また、原因の80%が、口腔内の細菌と、歯垢や食べカスからのアミノ酸から作られる揮発性硫黄化合物であるとわかっています。

硫黄化合物とは、例にあげると卵の腐乱臭とか、野菜の腐乱臭など、その辺りが想像しやすいかと思います。

 

それから考えると、舌苔や、歯周病などの予防として、口腔内の清浄は大事な条件です。

効果的な手段としては

・はみがき

・水分摂取

・うがい など。

そこにアロマやハーブを足してみましょう♪

水分をとる。

この場合お茶や水がおすすめです。

ハーブティーもいいです。

オススメのハーブはミントやセージなどです。

どちらも清涼感があってスッキリしますが、妊娠中は注意が必要です。

また、ハーブティーを濃く入れてうがいをする。

うがいのやり方ですが、口に水分を含んで、口の中をクチュクチュすすぎます。

口腔内の食べカスや細菌などをながしていきますが、そのとき音が大きい方がより洗えています。

また、のどのうがいをするときも、まず口の中のうがいをしてからすると、より良いです。

 

また、サードメディスンチェック的には

左上が少ない形は、唾液が少ない傾向があると考えられます。

そのような場合は、水を飲むことをおすすめしていますが、

今回紹介したミントやセージも左上を伸ばすのに適しているので、もし、グラフで左上が少なければ、グラフの形を整えるという意味でも、大変合っていると思われます。

 

よかったら参考にして下さいね。

 

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. 2017 12.11

    温湿布

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。